新築一戸建ての不動産は沿線上に近いところを購入

一戸建てを購入するには、資金力がまずはないといけないのです。それは、どのような理由かというと、土地プラス建物という2つのものを購入しないといけなくなり価格が大きくなるのです。でも、これから人口が減っていく日本の事を考えると、その一戸建てを購入する時期がかならずやくることが予想できます。それには、いったん、人口の減少とその土地を遺産相続で受けとる人の需要と供給のバランスが悪くなる分岐点が一つの要因になるのです。それは、どういうことかというと遺産相続される人というのは、実際に都市部に住んでおらず、そのため、都市部の空洞化ということで空き地が多くなるのです。この空き地、なんでこんなところに空き地がと思われるかと思われるかも知れませんが、これがいわゆる供給が多くなりつつある証拠なのです。ということは、売るに売れないということになり、売れ残っている証拠なのです。これが数年続くとなると持っている側には大変な負担へと変わるのです。こうなると、その土地の価格が下落へと変わるのです。このサインが一戸建てを購入する勝負の時期に突入したということになるのです。人間の心理からいくと間違いなく駅を中心として半径1km以内の物件はよほど景気の後退がない限り残るということは考えづらいのです。やはり、便利のいいところがいいに決まっており、あとは、土地の面積などが加味されたりして来るようです。その心理の状態が、それ以上離れた地区においての価格の下落には大いに役に立つのです。そして、狭い土地でも現在は、丈夫な三階建ての家を作ることが可能で、大きな地震にも耐えうる構造の家でも安く作ることができるようなっています。このように、一戸建てを今以上に安く、そして、いい条件のところを購入することができる時代がすぐそこまで来ています。今のうちに頭金以上の資金を準備し貯蓄しても問題はないはずです。現金を多く持っていると言うことは、大きな物件を購入するときに交渉の道具として使うことも可能なのです。このようにして、夢の一戸建てを購入する計画を今から始めれば、10年後には、いい条件での購入が可能です。以上あこがれの一戸建てのために、この機をのがしてはいけませんと助言させていただきます。

私も最近家が欲しいなあと思っているのですが、現在住んでいる賃貸の家が駅徒歩6分、スーパー徒歩1分小学校・中学校も徒歩5分ととても便利なところにあります。なので、これ以上に生活水準を下げるのが少々難しいところなのですが、家を買うとなると、これだけ便利な場所では到底手が届かない金額になってしまうと思います。ですが、通勤などを考えるとどうしても沿線上という部分だけは譲れません。都内で通勤するにあたって、車通勤が可能な会社なんてほぼ皆無だと思いますし、主人の会社も例にもれず、車での通勤は不可なのです。

2116

新築一戸建ての不動産は沿線上に近いところを購入 | 高層マンション居住の際のポイント | 日本の建設と海外の建設の違い | 一人暮らしで利用した賃貸マンション | Site Map |

Copyright ©All rights reserved.新築一戸建ての不動産は沿線上に近いところを購入.